TOP

風俗で性欲のリミッター解除した時の体験談をご紹介します。

千葉栄町に凄い女の子を発見

先日千葉栄町のソープに行ったときの話なんですが、そのときの女の子はこれまでの風俗嬢とは別格というか、スタイル、ルックス。これらは本当に凄かったです。見惚れるようなというよりも、大迫力と言った方が良いかもしれません。胸に爆弾を抱えているかのような、でもウエストは物凄く引き締まっているんですよ。それに彼女、とにかく積極的でもあるんですよ。それが堪らなかったです。自分自身の武器を理解している風俗嬢であるとともに、その武器を惜しみなく自分のために活用してくれる。それだけで最高に嬉しいものですし、満足感も高まりましたね。それまで風俗ではスタイルはそこまで重視していた訳ではないんです。良いに越したことはありませんが、自分の中でそこまで優先順位の高いものではなかったんですね。でも彼女との一戦を通して、スタイルも重要な判断材料になるんじゃないかなって思いました。これからはスタイルの良い風俗嬢も指名したいと思わせる程、彼女のプロポーションは別格なものでしたよ。

ソープ嬢との触れ合い、これはロマンなのかもしれない

風俗の世界は男にとってロマンそのものなのかもしれません。実際に利用してみて気付くんですけど、風俗を楽しむと自分自身の中で何かが変わってくるんですよ。その何かとはドキドキ感ですね。初めは女の子に抜いてもらいたいって気持ちで通うじゃないですか。でも女の子と話をしていると、抜いてもらうよりももっともっと違うことを楽しみたいって気持ちになっていくんですよ。例えば一緒に手を繋いでいるだけでもそれはそれで嬉しい気持ちになっていきますし、もっと快感以外の部分でいろいろな事を求めるようになってくるんですよ。だから風俗は行けば行くほどいろいろな物が見えてくるようになってくるんですけど、それはいわばロマンなんじゃないかなと思いますね。ロマンというか、ノスタルジックというか肉体的なきあかんよりも精神的な快感を求めるようになってくるんですよ。まさに風俗は「行けば分かる」ってやつなんじゃないかなって思うようになってきましたね。自分は千葉栄町ソープに行って、このことを悟りました。